★昭和★ 印判皿 (鳥 緑)  ※希少※   [re19-0731]

★昭和★ 印判皿 (鳥 緑)  ※希少※   [re19-0731]

商品詳細

★昭和初期★  

印判はいろんな柄があるので、私もつい集めてしまいます。 枚数は少ないですが当店では状態のいいものを販売しています。 お気に入りが見つかりますように。。

現代でも愛される印判皿 (日本製) 江戸時代から作られている印判皿。今で言う「プリント技術」を施したお皿ですが、 ひとつひとつ手仕事で仕上げるので、柄抜け、切れ、ズレ、滲みなどが多いのが特徴。完全に同じ物がない味わいがたまりません。 和洋中・デザートにもいろいろと使えるのが人気の秘密です。

◆1点のお値段です。カートに入る数が在庫になります

◆状態:良  古いお品。長期保存品です。細かいキズ、プリントスレ、色ハゲ、ポツ、変形などがありますが印判皿の特徴です。 ご理解の上、ご注文をお願いいたします。返品・交換はできません。 

  ◆日本製 

 ■ガラス食器はコチラ 

■他の印判皿はコチラ

■サイズ■ 約 11cm*2cm 

■発送■ 宅配便のみ 
      
  

 

印判皿・染付皿】

印判とは明治以降に行われる様になった、絵柄を転写する絵付けの方法を言います。
転写シートに描かれた模様を、陶器に写して焼きつける方法です。
この技術が生まれる以前の陶器は、染付(手描き)での絵付けが主流だった為、当時の陶器はとても高価で、庶民は木や竹の器などを主に使用していました。 印判皿の魅力は、絵柄の豊富さと価格です。 

気軽に普段使い出来るアンティーク品として、近年人気となっております。

※印判皿・染付皿は古い器なので、現代物の器や新品の器とは全く異なります。

 

 

 

 

 

 

 

商品詳細

商品詳細  日本製